次回のぽーと会

1月のぽーと会 自己改革ワークショップ~なぜ人は変われないのか~

2019年のぽーと会第1弾は、Adult Development(成人の発達心理学)の研究に基づいて作られたツールを用いて、目標達成の第一歩を踏み出すきっかけとなるワークショップを行います。

自分でも気づかなかった内なる思いに気づき(自己発見)、周りの状況や人を変えることなく自分の意識を変えて(自己変革)、目標に向かって進んでいくという、2019年からの「人生のShift」を後押ししてくれるワークショップです。  

スピーカーは、この分野の草分けであるハーバード大学教育大学院・キーガン教授の元で修士号を取得され、成人の発達心理学・リーダーシップ教育研究者/エグゼクティブコーチである渡邊理佐子さんです。  

「”これまで新年の誓いをしたのに何度もそれを実現できなかった” ”ダイエットや健康管理の方法は知っているのに何故か継続できない” ”叶えたい夢、達成したい目標があるけれどなかなか行動できない”という方、あるいは”自分の中の何が実現の邪魔をしているのだろうか”と漠然と考える方にとって、このワークショップが、ご自身の盲点に気づき、新しい自分と出会う糸口となれば幸いです」と仰る渡邊さん。

**このワークショップはレクチャー形式ではなく、事前に皆さんの改善目標を考えてお持ちいただいた上で当日は免疫マップ(Immunity to Change Map©)を作成したりグループワーク等も行うため、参加者数を最大16とさせて頂きますので、ご興味のある方はお早めにご連絡ください**

【日時】2019年1月27日(日)午前10時~12時30分
【会場】申し込みされ方にお知らせします。
【こんな方にもおススメ】「何度かやっても変えられないことがある」「自分を客観視して今の自分を変えてみたい」「自分でも見えていない、変化を妨げている心理に気付きたい」「叶えたい夢、達成したい目標があるけれどなかなか行動できない」という方、などなど。
【対象】大人のみ
【言語】 日本語
【参加費】15ドル/人(1家族/20ドル)

【渡邊理佐子さん・プロフィール】成人の発達心理学・リーダーシップ教育研究者/エグゼクティブコーチ。ハーバード大学教育大学院ロバート・キーガン教授の元で日本人初の発達度測定者資格(Subject Object Interview Reliable Scorer)取得。ハーバード大学教育学修士。ペンシルベニア大学行政学修士。愛猫家。ヨガ愛好家。現在、夫・子ども・猫・子犬と共にカルフォルニア州のサンディエゴ在住。